Urbanist guide to Mexico City

Intro Mexico City ・ Feb 10, 2019


Photo by Priscilla Flores on Unsplash

人口2200万人を数える、ラテンアメリカ最大の都市、メキシコシティ。英語での情報がまだまだ少なく、最初は街づくりや建築関連の事例も、表面的なものしか見つからなかった。現地の友人や、拙いスペイン語を駆使して見つけた、アーバニストのためのメキシコシティ情報まとめ。

To visit, to do(おすすめスポット)

Read(読み物系)

-ゴールデンライオンを獲得した映画、アルフォンソクアロンの[ローマ](https://www.netflix.com/mx-en/title/80240715)(2018)をご覧ください。物語は1970年から1971年にメキシコシティのローマ地区で設定され、映画はローマを繁栄した中流階級の近所として描いています。これまでに近所で起こったことを見るのは面白いですが(1985年の地震、最近の生まれ変わり、ジェントリフィケーションの波などの結果、自己の形の幽霊になりました)、私は[Nezahualcóyotl ](https://local.mx/capital/cronica-ciudad/ciudad-nezahualcoyotl/)映画の近所。空港の近くの都市の西部に位置し、第二次世界大戦後のテキソ湖の沼地の上に開発され、長い間巨大なスラム街でした。 [このアークティックル](https://www.citylab.com/equity/2017/06/how-a-slum-became-a-city/529488/)を読んで、ネザワルコヨトル地区がどのように変化したかについて詳しく知る都市への巨大なスラム街。

Organization, initiative (組織や人物など)

-[Ciclo](https://projectciclo.com/)は、都市の介入に芸術と文化を使用する組織です。ヒスパニック以前の近所タピトでの彼らの活動は非常に興味深く、刺激的です-彼らのプロジェクトについてもっとチェックしてください[こちら](https://projectciclo.com/ciclo-tepito)

-メキシコシティは[水危機]の真っin中にあります(http://fortune.com/2018/09/27/mexico-city-sinking-water-crisis-claudia-sheinbaum/)。 [Isla urbana](http://islaurbana.org/)は、メキシコの都市部および農村部の家庭、学校、および診療所での雨水貯留システムの大規模な採用を爆発させることを目指している非営利組織です。

-[Lanoratorio para ciudad](https://labcd.mx/)は、メキシコシティを再考することを目的とした6年間の社会実験プロジェクトでした。残念ながら、もうアクティブではありませんが、彼らの実験の詳細なアーカイブを確認できます[こちら](https://g0v.news/laboratorio-para-la-ciudad-re-imagining-mexico-city-through-civic-tech- 84272ce8619c)、一連のワークショップ、介入、市民技術およびデータサイエンスプロジェクトなどが含まれます。