街好きのためのビデオゲームガイド

Essay Elsewhere ・ Jun 26, 2018

数か月前、友人がとても興味深いWebサイトを見せてくれた。ノーベル経済学賞を受賞したゲーム理論学者のトーマス・シェリング氏が提唱した、Parable of Polygons(人種隔離シュミレーション)だ。

どきりとするテーマだが、Webサイト自体は、三角形と四角形の可愛らしいマスコットを使用した、ゲーム形式となっている。白人と黒人が『隣同士で暮らすのに抵抗はない』と考えていても、いつの間にか白人は白人、黒人は黒人で暮らす居住地区ができあがってしまう....という人種による居住区の住み分けが生まれてしまう理由を、インタラクティブにシュミレーションで学ぶことができる。

理論としては頭でわかっていても、能動的にインタラクティブな視覚的シュミレーションを介することで、理解を

作者のトーマス・シェリングは、ビデオゲームが人の理解能力に与える影響について書いた、Ian Bogostの著書Persuasive Games: The Expressive Power of Videogames に影響を受けたという。今回のように、都市や都市における人々の暮らしを理解するのに、役立つこともあるかもしれない。さっそく読んでみることにした。

ビデオゲームは、そこまで悪者ではないかもしれない

この本は、ビデオゲームがプレーヤーにどのように影響するか、彼らの世界に対する基本的な態度や信念さえも分析します。

もちろん、ビデオゲームは否定的な社会的含意に悩まされており、しばしば真剣に受け止められていません。

商業的成功にもかかわらず、ビデオゲームは依然として文化的形態としての受け入れに苦労しています。彼らは、せいぜい気晴らし、最悪の場合は道徳的基盤を保存する文化的または社会的機能を果たさないと考えられています。 (Bogost、2010、p15)

ただし、この本によると、ビデオゲームは、プレイヤーに大きな影響を与える素晴らしいストーリーテリングメディアになる可能性があります(もちろん、うまく使用されている場合)。

これは成熟したストーリーテリングメディアであり、私たちの文化の中で議論を形作る大きな力があると言っています。 (…)この本は、ビデオゲームが説得の新しい領域を開くことを示唆しています。その中核的な表現モードのおかげで、手続き的に。(…)私はこの新しい形式を手続きレトリックと呼び、ルールベースの表現と相互作用による説得の芸術ではなく話し言葉、文章、画像、または動画。 (Bogost、2010、p21)

それを念頭に置いて、私は都市のデザインや建築の分野と密接な関係を持つゲームを掘り始めました。それらのいくつかは、都市シミュレーションや教育、さらには市民参加のための素晴らしいツールです。

ここに、私がこれまでプレイして愛してきた3つのビデオゲームを示します。

##都市愛好家に最適なビデオゲーム

1.Block’hood

Photo from the official website: https://www.plethora-project.com/blockhood/Photo from the official website: https://www.plethora-project.com/blockhood/

最近見つけた、[Block’hood](https://www.plethora-project.com/blockhood/)。有名なSimCityなどは水平に街を作っていくが、Block’hoodの世界では、垂直に都市を構築していく。都市計画の基本原則(エネルギー、都市に必要なインフラ、交通など)に沿ってゲームが進むので、教育目的などに最適だと思う。おすすめ。

2.Cities: Skylines

TEDトークでも紹介されたCities: Skylines。「ビデオゲームが、都市をより良いものにする」という意外な組み合わせが印象的な題名が面白い。

例えば、さまざまなシナリオで架空の都市をつくり、その街がどう機能するかをテストする。・・・。
他のユーザーが作った様々な事例を覗くことができるのが、良い。
渋谷のスクランブル交差点など、現存の街の一部をゲーム上で再構築している人もいる。何気なく見ている風景を、分解し、再構築してみるというのは、面白いかも。

Photo from Steam
Photo from Cities:Skylines Review

3.Block by Block (Minecraft)

Minecraftは古い有名なビデオゲームですが、強調したいのはMinecraft自体ではなく、[Block by Block](https://blockbyblock.org/)と呼ばれるイニシアチブです。 Block by Blockは、Minecraftを使用して、さまざまなワークショップを通じて問題のあるコミュニティと交流し、公共スペースの実装のための資金を調達します。

つまり、これは非常に簡単で楽しいゲームであり、手で何でも作成できます。Minecraftを使用して市民の参加を促し、非専門家を含むすべての人が私たちに参加できるか、すべきであるという認識を高めることは素晴らしい考えです都市および公共スペース。

Photo from the official website: Block by BlockPhoto from the official website: Block by Block