未来の"ユートピア"? 砂漠で密かに建設が進む実験都市アーコサンティ

PlaceArcosanti, Arcosanti ・ Jun 27, 2018

先日、アメリカ・アリゾナ州の中心部にあるアーコサンティ(Arcosanti)という実験都市を訪問してきました。アリゾナ州の州都であるフェニックスから110キロほど北にある、都市というよりも小さな集落に近いアーコサンティ。イタリア系アメリカ人建築家パオロ・ソレリ(1919–2013)によってデザイン構想された、現在進行形で建築中の未来都市です。

ツアーに参加し、住民の生活空間やコミュニティスペースなど、建物の内部まで覗くことができました。

パオロ・ソレリの提唱する “arcology”


写真にあるように、アーコサンティの周りには本当に何もありません。笑
砂漠地帯の風景を見ながらハイウェイを走ること数時間、舗装もされていない脇道を抜けると、都市実験区(Urban laboratory)アーコサンティの看板が見えてきます。

パオロ・ソレリが1970年に建設をはじめてから48年。パオロ・ソレリの失職により建設が一旦停止したものの、現在もソレリのビジョンを受け継いだ建築家や都市計画家、アーティストなどのボランティアが住み着き、独立したコミュニティとしてこの実験的な「都市」を完成させようとしています。



アーコサンティの究極のビジョンは、建築”architecture”と生態学”ecology”の融合であるアーコロジー(arcology)です。自然の生態系を壊すことなく都市機能を拡張させ、生産と消費が内部で自己完結するサステイナブルな建造物でできているのが、未来の都市アーコサンティです。未完成のため未だに「実験区」ですが、完成しあかつきには5000人を収容できる理想の都市になると言われています。



現在進行形の実験都市

現在80名ほどが実際にこの都市に移り住み、少しづつ手作業で完成を目指しているとのことですが、なんと、全体の5%ほどしか完成していないとのこと。私が見ることが出来たのは、住居やコミュニティスペース、メインホールや食堂など合計25エーカー分の建築群でした。

因みに誰でも住民になることができ、現在も世界中10ヶ国以上から様々な面々が移り住んでいるとのこと。住民になるための唯一の条件は、アーコサンティのビジョンや建設に関わるワークショップへの参加や、コミュニティへの積極的な参加のみ。アーコサンティ内部で職を得る人もいれば、オンラインで仕事をしたり近隣都市で生活費を稼ぐことで、アーコサンティに留まる人もいるそうです。

住民の生活の様子や、自治的なコミュニティのあり方(コミュニティ会議の仕組みやトラブルの解決方法など)を、現場で目にすることが出来ました。




可能な限り自然エネルギーを使用しているアーコサンティですが、冷房を使用していないにも関わらず、風の循環が良いため非常に涼しく感じます(因みに外は40度以上の砂漠)。





私が目にしたのは高くても2階〜3階のみの建築物だけだったのですが、完成した際には縦に高密度で都市機能を収容できるようになっています。アメリカの車社会に基づいた平面的な都市のスプロール化に嫌気がさしたパオロ・ソレリは、職住近接を実現させ車を不必要とすることで、人口過剰や環境劣化という問題の解決を探ると共にウォーカアビリティを向上させることを狙いました。

Photo by Cory Doctorow, flickr
Photo by Cory Doctorow, flickr

アーコロジーのビジョンにおいて、都市は自己充足する一つの有機体。生態系の一部です。ここでは、多層化、高密度化、複雑化(Complexity)と凝縮化(Minaturization)がキーとなります。










#metooとの意外な接点

魅力的で完璧にみえる実験都市アーコサンティ。
しかし、当の言い出しっぺであるパオロ・ソレリは、なんと自身の娘であるDaniela Soleriに、セクシャルハラスメントで訴えられています。そのため、日本でも物議をかもした#metooの議論にアーコサンティの現住民も積極的に参加しています

理想的な都市における人間の暮らしと自然環境との融合を図ったパオロ・ソレリのビジョンとアーコサンティ。セクシャルハラスメントの問題とどう向き合い、共感者を増やしていくか。どのように資金を獲得し、未だ目処のたっていない完成へのマイルストンをつくるのか。

気になる人は、移住してみるのも良いかもしれません。